沿革

創業 1937年 昭和12年 小林清一により、地方出荷菓子問屋を開業 戦時中統制により一時中断。
1948年 戦後23年 地方出荷問屋を再開
1951年 昭和26年 法人組織に改組 小林製菓株式会社設立
地方出荷菓子問屋の強化 
北陸、信越、東海、近畿、中四国、九州地方へ福山産菓子を卸販売。

設立 1975年 昭和50年 別会社小林物産株式会社として発足 代表取締役 小林忠雄
グリコ協同乳業㈱と取引を開始。 チルド商品の四面体ショーケースにて展開
福山地区に得意先100店開拓   3ルートにて営業開始。
1976年 昭和51年 得意先120店開拓220店となり6ルート。
1977年 昭和52年 広島市楠木町にて広島支店開設 得意先150店3ルートにて営業開始
1978年 昭和53年 業務拡張のため広島市十日市町に移転 340店8ルートとなる
1979年 昭和54年 広島支店 ダイドードリンコ㈱と取引開始 自動販売機120台設置販売開始。
1981年 昭和56年 本社にダイドー部門発足 自動販売機80台設置。
1983年 昭和58年 CVSといち早く取引開始。
1984年 昭和59年 流通業界の要望により、総合チルド商品取扱い開始。
1987年 昭和62年 広島支店業務拡張により広島市西区庚午中4丁目7-22 に移転
中国地区量販店販売開始。
1989年 平成 1年 SM売場管理 物流商流 両面開拓 チルド売場管理販売開始。
1993年 平成 5年8月 代表取締役 小林正文就任
1997年 平成 9年 創業60周年 商工会議所より表彰を受ける  売場管理店舗約600店
1999年 平成11年 福山卸町物流センター開設 県東部、岡山地区 物流機能強化。
2000年 平成12年 広島支店 業務拡張により広島市安佐南区伴南1丁目1-22 西風新都)に移転
2002年 平成14年 山陰地区業務拡張。
2003年 平成15年 関西地区業務拡張。
2004年 平成16年 九州地区業務拡張。
2005年 平成17年 セントラル食品M&A
和日配商品取込む
2006年 平成18年 関東本部のドラックストアー関西でスタート
マルスイをグループ会社として加える。(給食事業)
2007年 平成19年 神戸物産 レストラン事業支援
2010年 平成22年 福岡営業所 業務拡張により福岡市南区清水4丁目13-3に開設
2011年 平成23年4月 代表取締役 小林攝子就任
福山卸町に第2物流センター開設
2011年 平成23年 関東支店 東京都港区港南に開設
2012年 平成24年 関東支店 東京都台東区元浅草に移転
2015年 平成27年 九州営業所 福岡営業所を改名し佐賀県鳥栖に移転