物流管理

多メーカー・多品種に対応すべくデジタルピッキングシステムを導入。
さらなるコストダウンの追及をし、保管効率や作業効率の高い作業導線の確保やロケーション管理を徹底。
デジタルピッキングシステムによる正確なピッキング、さらには、効率性を高めた配送シフトの採用により、必要なものを、必要なタイミングで納入。得意先との取引の効率化、小売業の負担を軽減すべく、弊社物流網での物流の効率化(最適化)を提案します。

デジタルピッキングシステムとは
出荷先向けのコンテナや籠車が置かれている場所にアンサーキットを設置して、ペーパーレス作業で目的の商品や部品を出荷先別に仕分けるための作業支援システムです。商品や部品のバーコードをスキャナーで入力して、該当の商品の出荷先別の仕分け数をアンサーキットに表示します。

ピッキング作業の流れ

制御用パソコンからピッキング作業をスタート

作業する箇所はアンサーキットが指示します。商品を仕分けする作業者はアンサーキットに表示された数量の商品を出荷箱に仕分けします。これらの作業は知識のあるベテラン作業者でなくても誰にでもすぐに行なうことができます。

仕分け完了後、アンサーキットのボタンを押す

このようにアンサーキットを利用することで、商品仕分けの作業者は仕分けリストを持たず、読まず、物を探さずに容易に作業が行なえます。作業者はアンサーキットの持つ優れた視認性により仕分け作業をするのに最短距離を歩くことができ、また両手が自由に使えますので作業の柔軟性が向上します。

作業完了

したがって、従来より問題になっていたピッキングリストによる読み間違いは解消され、商品・場所の勘違いも解消することができます。